投資に向いている金貨とは

投資を目的として金貨を購入する場合には、金貨の種類に注意が必要です。金貨には地金型金貨と収集型金貨があります。収集型金貨は記念硬貨やアンティーク金貨といったものがあります。収集型金貨は少ししか出まわっていないなど入手困難であることや、デザインが秀逸であることなどの要素があり、金の価格より高額で売買されています。しかし、人気が低下してしまえば売買価格が大きく下がってしまうリスクがあり、投資用として購入するには向いていません。収集型金貨は収集型という言葉が付いているとおり、コレクションを目的に買うほか、贈り物として買うほうが適しているといえるでしょう。

これに対して地金型金貨は、金の価格をベースに、発行国の造幣局が金貨の製造を行なうときに生じる製造費や輸送費などのコストが、プレミアムという名目で加算されており、その値段で売買されています。そのため、金の価格が高くなると価値が高まり、反対に金の価格が低下すると価値も低くなります。また、たいていの地金型金貨は、その金貨を発行した国を統治する機関による品質保証があり、安全に売買をすることが可能です。こういった理由で、儲けを得るために金貨を購入するということであれば、地金型金貨が適しています。なお、金貨を利用した投資には複数のメリットがあります。この点に関しても当サイトでは取り上げていますので、金貨での投資に興味のある方はぜひご覧になってください。